--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.07.24 *Mon

『キッチン』

060724book.jpg


 電車のなか、寝る前、ちょっとずつちょっとずつですが、読み終わりました―ばななさんのデビュー作『キッチン』。
 読み始めると、まっすぐに進んでいく―とにかくとても読みやすかった一冊。
 
 ばななさんは、やっぱり繊細。言葉選び、綴り方、考え方、登場人物たちの思いやりのあり方…日本語が分かるようになってきているいま、この「文風」こそがばななさんらしいでしょうねと、納得。

 『キッチン』、『満月―キッチンⅡ』、そして別に収録されている『ムーンライト・シャドウ』、この3篇には、共通なキーワードがあるとしたら、『death』ですね。しかも『ムーンライト・シャドウ』のほうがより印象的でした。

 若い主人公たちがみんないきなり親しい人の死と直面させられてしまい・・・けど、このような極限状態の中にもかかわらず、みんなそれぞれ自力で頑張って、悲しみや孤独などのを耐えようと努力する姿がとても印象的。まだ若いのに、悲しみが重いはずなのに、でもみんな逃げはしない、そして「自暴自棄」もしない、現実と向かい合い、凛々とした芯の強さに、大きいな感銘を受けた私が居ました。

 心の傷の負った人達の物語ですが、決して暗いイメージのない世界。回りの人に支えられながら、新しい出会いやきっかけによって、人生がゆっくり、ゆっくりと「柳暗花明」のところへ変わっていく:
 重くて悲しいことばかりだけど、どこか優しい空気が漂っている。
 一番大切な人・ものを失ったはずなのに、愛に満ちた気分にさせてくれる。

 つらいことを書いているのに、筆触が軽くて読む人に明るい希望を与えてくれる―よしもとばななだから、このようなことも簡単に出来ちゃいますね、きっと。

 江国香織ほどおしゃれな雰囲気がなくても、その普通の生活にも出てきそうなワンシーンワンシーンをあまりにも普通に描いてしまうまだ若かった頃のばななさんも、すごいなぁとつくづく思いました。
スポンサーサイト
CATEGORY : *feeling | THEME : 文学・小説 | GENRE : 小説・文学

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List




05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



*about baby

script*KT*



*about me

Jasmine*

Author:Jasmine*
♥ born in China
♥ living in Japan
♥ Chinese by heart
♥ Japanese by mind



*my pet



*what's new



*category



*my pathway



*comment



*trackback



*monthly archive



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



*link

* Add Sweet Days* to your link



*rss feed



06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © Sweet Days* All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。