--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.06.13 *Tue

中国の女性がパワフル?

 これといったネタがないので、先日の出来事を。

 知人Mさんが地域の公共事業関係の仕事で、ある中国人女性Sさんと知り合った。Sさんは大学院の研究の延長で、就職している現在も環境汚染問題の解決をテーマとして活動しているボランティアかNPOかの○○会に所属し、アジア地域の担当となっているらしい。そこで、彼女が県の若議員Fさんの紹介で、Mさん所在の地域にやってきて、中国の水問題についてお話し会を開いたという。Mさんが同業者の友人5~6人が連れてSさんのお話を聞いたあと、我が家の近くのレストランで食事会をした時、私も誘われて同席させて頂いたのだ。

  Sさんがどういうボランティア活動しているかよくわからないけど、どうもその場の中小企業の社長さんたちにお金や技術やノウハウなどの投資や協力を呼びかけていた。とにかくSさんは選挙活動のような話し方で(まあ、県の若議員とともにフォローしあっているせいもあるかも)、食事が始まってまもなく、その場の皆はけっこうテンションが高くなり、中国の水汚染や環境問題など積極的に取り込もうとノリノリした雰囲気になっていた。

  その時既に「場違い」って「浮いてる」と思った私だが、「中国って、水や大気などの環境問題は勿論公共事業で、要は国の仕事じゃないのか。それらのプロジェクトに参与するのに、誰でも可能ってわけないだろう?」と私に向いて、1人の社長さんが半分自問半分質問のように聞かれた。「勿論そうだけど、でも権威性のある研究結果やハイテックやノウハウなどがあれば、きっと歓迎されると思う。人脈の力も上手く利用すれば、不可能はまずないでしょう」と、途中から入って訳分からないけど、一応フォローしてみた。

  「その通りだ!Jasmineさんも良い事を言うね」と、ハイトーンでSさんが話を持っていった。「中国では、何でもかんてもコネだからね、・・・だからみなさんからもし投資のお金とかがあったら、まずパッと人民代表大会の席を買っちゃう。そうすると、何でもスムーズに運ぶことが可能になる」と、どんどん進んでいく話に追いつかず、それより、私でさえ「えっ?そうなの?今はそういうことになっているの?中国の社会は」と耳を信じられない話のように思った。

 「皆さんにも半分ボランティアって気持ちでお力を」と何回も言ってたSさんに、「タダじゃビジネスとして成立しない、コストが必ず出るから」と言う中小企業管理者側。そこで「私、早稲田大学院出身だから、この頭脳を信じてください。最初は皆さんからいろいろとヘルプして頂くカタチになるけど、そのうち一番近道でビジネスとしても皆さんに十分な利益を得るように努力します。」と堂々とした説得ぶり。一瞬、もし政治家になる素質っていうのがあるとしたら、Sさんが生まれ付きそれを持っているのではないかと感心した。「自分の代じゃなく、次の世代にも伝わっていく誇りの高い仕事なんだ」とも、似てようなピカピカな言葉がずっらりで、聞いているうちにハイになりそうなのだ。

 このようなSさんが居て、皆が私が中国人に見えないというのだ。そんなはずないだけどね。普段も結構物はっきり言う、決して優しいばかりじゃないほうだ。なのに、Sさんのまえにいると、全く温順に見えてしまうのだ。

 国際結婚と聞いて、みんな「日本の名前ってなんていうの?」と聞かれ、話題も結婚したら名前が変わるとのことに。そこで男性陣が「やっぱり、自分の名前になってくれる人が現れた時、結婚したなぁと実感が沸くもんだね」と言うと、Sさんが「・・・それは男の人がプロポーズする時の自己満足に過ぎない―俺の名前になってくれ―なんて、響きが良いけど、私にはありえない!だって、何て自分の名前を奪われなければならないの?」酒が入っている男性陣はちょっと興ざめって感じで、「Jasmineさんはどう思うか?」と私に投げられた。「すごく良いなぁとも思ってなければ、Sさんのように悪くとも思っていないけど。どっちかというと、普通名前は生まれて誰かによって決められたもので、なかなか自分で選べないし、日本人と結婚して、通用名としてもう一つ名前を持つことが可能になって、しかもその名前は自分の好き嫌いで選べるし、なかなかないチャンスだと思っているよ」と仕方なく「八方美人」になり切った私。しかしSさんはストーレートな人で、「Jasmineさんは入社何年?」と聞かれ、「5年目かしら」と答えると、「私は日本に来てもう11年、Jasmineさんよりちょっと長めだけど、でも会社に入ったのは2年位。ずっとキャンパスにいるからか、性格はずっとこんな感じだ。やっぱり社会人になると少しづつ丸くなるのかしら・・・」と、冗談半分にも聞こえるけど、やや不機嫌で本気に言っているのにも見える。はい。私は丸くなっている、昔からそうだったかも。

  店を出て解散したあと、知人のMさんに「いつもJasmineさんと接しているから分からなかったけど、中国人の女性って、本当にパワフルですね。」と感心してコメントした。そうか、パワフルってこういう感じなのか?私はそれを「咄咄逼人*」と言いたい。上手く説明できず、辞めた。

 *中日辞典によると、「気勢激しく人に迫る」意味で、私はそれをプラス的に使っている(本当!)
スポンサーサイト
CATEGORY : *feeling | THEME : ひとりごと | GENRE : ライフ

COMMENT

なんだかすごい自信で引いちゃいますよね。
そういう人は、あまり細かいことは考えないから、行動力があるのかもしれませんね。それで、本当になにかを成し遂げられることもあるから、一概に悪いことでもないんでしょうけど。

たしかに中国人の女性にはこういうタイプの人がいるけれど(夫の姉などもそうです)、なんだかなじめませんよね。



2006/06/14(水) 14:20:59 | URL | 花うさぎ #- [Edit
*花うさぎさん

良く思い出してみたら、確かに中国人の女性がこのような「轰轰烈烈」型の人があちこち居ますね。出あった瞬間から強い衝撃を受けたような鮮烈な印象ですね。私も久しぶりに会ったけど、とても頭がキレてて優秀だと思いながらも、ついていけない自分のほうが情けない位・・・しかし確かにこのようなパワーがボランティアにせよ「大事業」にせよ必要な素質だと思うし、そのうち本当に何かなるかもしれませんね。お楽しみに・・・っていうところかなぁ(^_^)v
2006/06/14(水) 16:58:45 | URL | Jasmine #OLHiJ7es [Edit
この手の女性、中国の方ではたくさんいらっしゃいますね。
私が以前勤めていた中国系企業にもたくさんいらっしゃいました。いっしょに仕事をしていて、本当に自信に満ちて、パワフルで、あまりの押しの強さに、「ああ、もうついていけない」とくじけそうになったことも幾度もありました。

でも、私、そういう女性にどこか憧れています。
自分にももっと彼女達のような自信や強さがあったら、もっと違った人生を歩んでいたかな、なあんて思います。
2006/06/14(水) 22:54:24 | URL | どらちゃん #EuJuna.U [Edit
*どらちゃんさんへ

ご無沙汰しています(^^♪
もしずっと中国にいたら、私もここまで違和感を感じないでしょう。大学を出たばかりころの自分も、そういう「横冲直撞」の時期がありました、けど日本に長く居るとともに、何故かそういうしゃきしゃきと目立つ行動を自然に取らなくなりますね。
確かに積極的に前へ前へと勢いよく進む人生も羨ましいですけど、私は今のように、平凡かもしれませんが、ゆるやかながら、一生懸命な日々のほうが自分の体質に合っているのでは、と思っています。できるならずっとこうやって無理せずにシンプルにやっていきたいですね。
2006/06/15(木) 00:26:23 | URL | Jasmine #OLHiJ7es [Edit
最近の日経にも、北京の水不足・黄砂の深刻さ、「南水北調」PJを進める中水源汚染の危機感、などなどを取り上げていた。三峡ダム完成と同時にダムに関わるいろんな課題が議論され、中一番はやはりダム周囲工業による水汚染問題だった。国家級PJは良く分からないが、工業廃水処理ノウハウを中国工場に提供することとかなら、彼女の活動は非常に意味あるのでは。当然ビジネスにも繋がると思う。
2006/06/15(木) 11:34:28 | URL | 一読者 #- [Edit
*一読者さん

深く考えさせるコメントをありがとうございます。

中国経済発展の勢いについて多く報道されていますが、そのウラには深刻な環境問題、社会問題が多くあります。おもてに出てない(或いは出させない)分、その実態もひどい方向へ悪化する一方になると思います。水問題もいろいろあり、この間↑は、清潔な飲用水の提供について結構盛り上がったけど、でも一読者さんのおっしゃった工業廃水汚染問題は前者より遥かに深刻だと私も同感します。なにより、当事者(企業側、関連機関など)にとって前期に多額の資金投入を覚悟しなければならないし、そのうえ効果が現れるのに相当時間かかることも。その前に、どうやってより多くの人々に水汚染及びその深刻状態について高い認識度を持たせるのが、極めて重要なことでしょう。出発点が立派でも、持続性のあるカタチで徹底的にやっていく根性がなければ、中途半端なところで利益を図るようになったりして…それこそ最悪ですね。実際にこういうケースが結構多いから、似てような話を聞くと何となくマイナス的に考えてしまう私ですが…(長くてごめんなさい)
2006/06/15(木) 17:58:38 | URL | Jasmine #OLHiJ7es [Edit
この記事を読まなければ、多分二度と思い出さない言葉を思い出した、それは「女強人」でした。
それなら、中国にいっぱいいる、いる。。。。
2006/06/20(火) 12:06:47 | URL | sharron #- [Edit
*sharronさんへ

そうそう、「女強人」っていう言葉もありますね。
中国と比べたら、こちらでは使用頻度が結構低いほうだと思います。やっぱり「女権社会」のイメージが強いのかな?

そういえば、sharronさんのHPにアクセスしたけど、上手く行けなかったのですが、またアクセスしてみますね。
2006/06/20(火) 17:10:49 | URL | Jasmine #OLHiJ7es [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List




05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



*about baby

script*KT*



*about me

Jasmine*

Author:Jasmine*
♥ born in China
♥ living in Japan
♥ Chinese by heart
♥ Japanese by mind



*my pet



*what's new



*category



*my pathway



*comment



*trackback



*monthly archive



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



*link

* Add Sweet Days* to your link



*rss feed



06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
Copyright © Sweet Days* All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。