This Archive : 2006年08月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.31 *Thu

わらびの浅漬け

060831food.jpg スーパーに行ったら、今日は8月31日で、なんと野菜の日だそうです。せっかくだから、先日頂いた水煮わらびの簡単美味しいレシピを。

 これは会社のTちゃんが自分の山菜類を上手に調理できるおばさんから聞いたものらしい。

 材料は市販の水煮わらび(そうそう、うちの旦那さまもこの系の製品を取り扱っているけど)と浅漬けの素だけです。

 1.水煮蕨を一旦沸騰したお湯に入れてさっと茹でる。
 2.再び沸騰したら火を消す。
 3.お水とかで流さずに熱いままの状態でざるやキッチンクロスや新聞紙とかで広げて冷ます。扇風機や団扇など使ってできるだけ短時間で粗熱をとることがお勧め。
 4.熱気と共に水分も飛ばしたわらびを食べやすい長さで切って、浅漬の素に漬けとく。

 数時間後から食べられる。ちなみにうちは一晩漬けたほうが味がしっかりしているほうが好みです。

 繊維たっぷりのわらび浅漬け、ぜひお試しあれ!
 

スポンサーサイト

2006.08.30 *Wed

平日休暇

060830food01.jpg

昨夜はちょっと遅かったせいか
今朝起きた時に
とてもだるく感じたので
そのまま休むことにしました

平日休むことで
身心的にすごくゆっとり感を感じられるって
何てでしょうね

主婦らしい一日をと思い
午前中に掃除したり、アイロンかけしたりして
お昼は自分にお蕎麦を作ったりして
2時間ほど昼寝してから
銀行に行ったり
生活用品の買いだしに出かけたりして・・・

いいですね!
可能であれば
毎週一日くらい平日休暇がほしいですね!

CATEGORY : *food

2006.08.29 *Tue

豆腐と黒豆のプリン

060829sweet01.jpg

デパ地下の時期限定販売で
青山通りのプリン屋さんのプリンを♪
甘さ控えめのとうふプリンですが
卵を使われていないと
店員さんに紹介されながら試食したら
とてもとろ~りととろける口感が!
美味しいですね

そして一番人気のあるタイプは
黒豆入りの↑プリンです
残り4個しかなくて、ギリギリ2個ゲット!

健診結果が出た以来のデザート?かしら
と言った瞬間に
「アイスは毎日食べてるじゃん」と
指摘されてしまいました

そう言えばそうですね
おひかえめおひえめ・・・




2006.08.28 *Mon

バジルソース

060827sauce01.jpg

ベランダのバジルがよく育ってます♪
けどフレッシュで食べるには
ちょっと摘んだりした分だけで十分
というわけで、週末大量収穫できました:)

これもまた困ったもんで
もったいない気もしますが
バジルソールを作りました

あんないっぱい葉っぱだったのに
できあがりのソースは小さな缶でも半分しかない
味はグッドだけどね
酸化しやすいので、手早く保存

今日はバジルソース使って
早速料理を作りました
魚をシンプルに焼いて野菜を添え
最後にバジルソースをかけるだけ

ご飯と味噌汁にも合いますね
パンがあればもっと美味しいでしょう
(写真撮るのが忘れてしまいました)

CATEGORY : *food | THEME : **暮らしを楽しむ** | GENRE : ライフ

2006.08.27 *Sun

私の料理が…

昨夜旦那さまに
「明日遠足だよ。朝早く起きてつき合ってね」と。

「何?何?何?」と訳分からなく聞いたら
彼の担当している山菜製品が
ある大手量販店に試し販売となり
明日から一部店頭に並ばれ
月間売上が予想通りになれば
全国店舗に販売決定!とか

そこで、彼の営業資料に使われた
それらの製品サンプル料理の写真は
そのまま量販店にも採用され
店頭で「調理例」として

060827menu02.jpg 060827menu03.jpg 060827menu01.jpg

こんな感じで使われます。


ほほほっ
ちなみに、私の料理って
目立たないところに
小さくテビューしちゃいましたね!
(ただですけど

それをみるために
埼玉県の蓮田まで足を運んでしまいました
とおっ!
そのうちもしうまく全国販売に繋がるようになったら
みんなも是非↑見つけて買ってくださいね♪


2006.08.26 *Sat

少しずつ

060826hobby01.jpg

毎日少しづつですが
チクチク・・・チクチク・・・チクチク
平日1時間未満とか、週末何時間とか
あまり長い時間をやってしまうと
今度また目が疲れてくるしね
それでもあまり進んで気がしませんでした

ふと1カ月前の写真を見たら
やっぱり「それらしくなって」と実感できました♪

合計100色以上の糸
そして、ここまでやったとしても
白やベージュや薄いピンクなどの
淡い色糸がまだまだいっぱい残っています

あとどの位かかるのでしょうね
1ヶ月?2ヶ月?
継続は大切です。
完成・・・まだ遠いですが、楽しみですね♪

CATEGORY : *hobby | THEME : クロスステッチ | GENRE : 趣味・実用

2006.08.25 *Fri

なんてこと!

今朝家を出た時、晴れ。
会社の最寄駅に着いたら、激しい雷雨。
仕方なくタクシーで会社まで

夕方会社を出た時、曇り。
家の最寄駅に着いたら、晴れてきたよう。
喫茶店でコーヒー1杯でもと思って
飲み始めてまもなく・・・激しい雷雨。
喫茶店で1時間も潰すことに。

わざと私を困らせるみたいに
ガッカリ。

CATEGORY : *days | THEME : ひとりごと | GENRE : ライフ

2006.08.24 *Thu

『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』

               
泳ぐのに、安全でも適切でもありません主に通勤の時間や、待ち合わせの時に読んでた一冊。
泳ぐのに、安全でも適切でもありません』(江国香織
It's not safe or suitable to swim.
表紙で初めてこの英語をみた時、印刷ミスかとすっかり思いました。私の学んだ教科書上の英文法からして、notなら後ろにはorじゃなくてnorのはずだと思ったから。後書きに江国さんも同じ疑問が持たれたと分かった時に、思わず小さく笑っちゃいました。

10個の人生恋愛サンプルのような短篇集。短篇といっても本当に短かった。
「愛にだけは躊躇わない―あるいは躊躇わなかった―女たちの物語り…」江国さんはそう言う。
人生は、safeでもsuitableでもない。そして、恋愛も、safeでもsuitableでもない。

私はこの中のストーリに共感というより、違和感を感じたほうが大きいかも。何故か普通な恋愛より、変わった考え方で愛し合ってるカップルが妙に多いような・・・ですが、そのズレを感じながらも、受け入れるのに抵抗もなく、すんなりとした感じでした。(いえ、この本のなかに『犬小屋』だけはキモイ~と、なんとも言えない嫌な感じ、許し難い。)

『うんとお腹をすかせてきてね』…この第2話をはじめ、私はストーリより、江国さん筆下のグルメの世界に惹かれられた気がします。その描写の「淋漓尽致」(微に入り細をうがつ)さが忘れられません。

『愛しいひとが、もうすぐここにやってくる』…このラストの1篇のなか、「私」という女性が習慣を守ることをとても大切にすることが、何より印象的。だって、彼が妻のもとへ帰ることさえ、それもそういう習慣だからと。江国さんの恋愛物語に登場する女性たちは、運命のいたずらと戦うことって、あまり見当たらないですね。そんな直感に従い、礼儀正しい「無可奈何」な考え方は悲しいけど、それなりに好感を持ってしまう私、不思議なことに。

CATEGORY : *feeling | THEME : 読書感想文 | GENRE : 小説・文学

2006.08.23 *Wed

意志の一番弱い時

児童の登校拒否というのと
おそらく似ているじゃないかと
私は思っています
この頃私は妙に出勤拒否にかかっているみたい(ーー;)
会社に着けば元気に働きます
問題は朝。
駅まで徒歩10分、それから電車に乗って
降りたらまた20分近く歩く
この春先から頑張ってきた健康通勤ですが
今の季節になるとまるで自虐コースみたいに

汗いっぱいかからないように
早めに家を出るようにしていますが
でも洗濯物干したりして…10分でも遅れて
早歩きじゃないと間に合わなさそうとなると
私のなかからは
「嫌だ、もう家を出たくない!」と拒否モードに
そしていろいろ考えたりして
どうにか良い理由を見つけて会社にいけなくても良いように。
でも、結局あれもこれも適当な言い訳がなくて
はあ~もっと急いで駅に向かわなくちゃ・・・

こんな朝の「思想闘争」(思い悩むこと)
この頃ほぼ毎日の日課になっています

営業マンのように
どこを寄ってから出社というのはできなくても
せめて時間差出勤でもできたらいいなぁ
今日もあれこれ思いながら
駅まで、そして会社まで向かう私です

CATEGORY : *days | THEME : ひとりごと | GENRE : ライフ

2006.08.22 *Tue

瞬間

060822semir.jpg


 帰宅途中、赤信号を待っていた時、近くに何かモソモソのような気配を感じて(昆虫系にすごく敏感なのです、私)、周りをよくみたら、一匹蝉が抜殻している真っ最中じゃありませんか!

 →は脱皮直後の写真です。
 夏休み観察日記ってわけではないけど、こんな珍しいシーンって、なかなか見られないでしょうね。

 蝉の羽化ということってこういうプロセスを指すのですね。

 7年間も長い間土の中にいた蝉の幼虫は、夏が来ると成虫に姿を変えて、そして短い夏が終わると共に死んでいく―なんか悲劇的な運命でしょうね。

 でも、蝉は羽化することではじめて「蝉」となるような気がします。本当、今まで間近に見た事をあまりないから分からなかったが、殻から抜け出した時はなんとなく痛々しい印象もありましたが、時間が経つと共に薄い緑の羽根が少しづつ色付いていくのをみて、この瞬間って、本当に美しくて、素敵でした。

 
CATEGORY : *days | THEME : 季節を感じる | GENRE : ライフ



07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



*about baby

script*KT*



*about me

Jasmine*

Author:Jasmine*
♥ born in China
♥ living in Japan
♥ Chinese by heart
♥ Japanese by mind



*my pet



*what's new



*category



*my pathway



*comment



*trackback



*monthly archive



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



*link

* Add Sweet Days* to your link



*rss feed



08
-- --
Copyright © Sweet Days* All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。